二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2022
鑑賞リスト

映画:呪い襲い殺す。時系列をたどる。

www.youtube.com

呪い襲い殺すを見ました。

U-NEXTですね。アマプラもあったと思います。

 

ウィジャ・ビギニング~呪い襲い殺す~の時系列的には続き。

 

javok.hatenablog.com

 

シリーズとしては、本作が1なんだけどね。

 

ウィジャ・ビギニングの話も一応出てくるのよ。

最後まで見ると、大体ビギニングの話は大体あってるな、っていうところではある。

この映画は、リン・シェイが出てくるね。

ビギニングより出番が多くて個人的には楽しい。

リン・シェイってなんだか好きなんだよ・・。

インシディアスもそうだけどさ、スネークフライトでも出ててさ。

コミカル路線もホラー路線もいける!次はドラマかな!と個人的に応援したいリンシェイ。

 

物語は・・えーと・・

そうね、仲の良かった子が、突然自殺しちゃうのね。なんでかとってもきになってしょうがないの。

その子の足跡を追っているうちに、ウィジャボードにたどり着いちゃうわけね。

で、まさかの霊とコンタクト撮ることになっていくんだけどね。

そこに出てきた小さい子が、

彼女がいる、彼女に見つかる、早く逃げて。

っていうわけさ。ティーンたちは、あわあわと慌てて、ウィジャの呪いがどんどん迫ってくる、連続ティーン自殺に物語は展開してくわけね。

 

あの家にはなにかあるわ

と事件捜査展開に勃発するわけなんだけどね。

さあ、あの家には何があったのかな?っていうお約束ホラーになっています。

 

この映画、ウィジャシリーズとして見ておくか・・っていう立ち位置になっちゃっているんだけど、本当は1なのね。

残念ながらいや、そう

続編の方が圧倒的に面白いので何も言えんぜ

っていう対比になっちゃってんのね。

呪い襲い殺すはタイトルもB級感たまらんのだが、ティーンたちがきゃっきゃざわざわ死んでいくのだっていうお約束になっているのだけど、

ティーンがどんどん死んでいくという意味では、ジェイソン級にエロいシーンが出てきてもいい気もするが、それもない。

スプラッターじゃないとエロいシーンのお約束はあわないのかもしれないな。

今想像したけど、エロいシーンにあの子出てきても変だわ・・w

 

で、とりつかれた系xティーンをかけあわせた映画になっているのだけどね。

恋愛絡みはからっきしで、どちらかというと、

主人公の女の子の友情に焦点をあてているの

それ自体は悪くないのだけど、ティーンたちの死に方が・・

凡庸・・・!!!

もっとあるやろ!驚かせ方が!!

ちなみに、一つ言っておくと、人間の額っていうのは結構固いのよ。やるなら、後頭部とか側頭部だぞ。

もう少し、ひねりの効いた演出が欲しかった気がしなくもない。

デンタルフロスっていう点は結構いい路線だと思うのだけど、少し気になったのは、

アメリカのティーンってあんなにデンタルフロスやるのかな?!

ってとこかな。そういえば、ティーン向けのラブコメとかで、カースト上位にいる女学生が、寝ているときに歯ぎしり防止のマウスピースはめてるのはちょこちょこ見かけるよね。

 

普通なのかな・・?!歯への気遣いが!!健康が!!

と、別のところがちょっと気になっちゃった。

もうちょっと、っていうのはあったけど、ウィジャボードの穴を除くとか、とりつかれると白くなるとか、口を糸で縫い付けているとか、そういう基本的なネタ自体は悪くないんだよね。

続編のアレンジ力・・・・!

ティーン向けで感動させるホラー映画とかって難しいよね。

ティーン向けで感動するといえば、ファイナルガールを推したいところだ。

あれは泣ける。

javok.hatenablog.com

 

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/S/pv-target-images/4b3daa0a2e1eacf1a4f2a9e778be1095fb3bf5c7749631de034bbcc9ab080f67._UY500_UX667_RI_V_TTW_.jpg

©2015-2019 javok's diary