二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2022
鑑賞リスト

映画:2021年面白かった映画ランキング!

https://2.bp.blogspot.com/-1KiJQDhMcqs/VY4WYYdvuGI/AAAAAAAAupY/3dWqkvEI9Tg/s400/building_cinema.png

2021年ももう終わりそう。

おすすめって何?って聞かれたらこう答えるぜ!の自分ランキングですね。

勧められるかどうかは度外視。

今年はあんまり映画見られなかったですね、250本ぐらい。

仕事が忙しかったり、プライベートでどんぞこいったり、色々だったぜ2021年。

そして浮上してきたから、また映画を見る力が沸いてきた、そんな季節です。

頑張って断腸の思いで10に絞ってみた。()

結局のところ10を超えると順番関係なくなってきて、全部みて!!みたいな感じになっていくんだよね。

そういう意味では、5ぐらいまでがちょうどいいのかもね。

問題は、どこまでを10にすればいいのか!!!

それが問題だ。

ということで行ってみよう。

 

10.デビルズメタル

 

javok.hatenablog.com

なんか、B級ていうかどC級のおバカ映画なんだけど、衝撃すぎてナニコレなんなん、のりわるすぎん?wって突っ込みながら見た映画でした。

オブジェがひどすぎるわw

そしてグロイっていうコメディホラーね。

9.マンディンゴ

 

javok.hatenablog.com

兼ねてから見たかったマンディンゴ。見ないとなあと思っていたから、見てよかった。ジャンゴもこの後見たけど良かった。マンディンゴの後に見るとスカッとする。

8.ミッチェル家とマシンの反乱

 

javok.hatenablog.com

これいいよ。めっちゃハートフル。動きも色使いも素敵だし、ストーリーもいい。

SFかとおもいきや、まあSFなんだけど、家族のミニマムなストーリーが大きくかかわってしまうっていう。クレヨンしんちゃんみたいな映画なのよね。

そうまさにクレヨンしんちゃん!!

ファミリーで楽しむのにとってもお勧め。

 

7.この世にわたしの居場所なんてない

 

javok.hatenablog.com

これはなんていうか、ダサい俺らが、アンラッキーなんだかよくわかんねーけど、主役みたいなことしてるぜ?!っていう感じの映画。

クスって笑える感じが好きなんだよね。

6.アングスト/不安

 

javok.hatenablog.com

この映画みて、きしょい・・・って言葉初めて使いたくなったよ。

気持ち悪いんよ・・。まじでな。ちょっと一回見てほしいかもしれん。

5.アデルブルーは熱い色

 

javok.hatenablog.com

ひとめぼれだとか、恋愛する気持ちというのはよくわからんが、後半戦の静かなる激情が私の心にストレートに入ってきてノックアウトされた。

心臓をわしづかみにされる。

5.アポストル復讐の掟

 

javok.hatenablog.com

一体全体何の話なんだね?!みたいなままお舟でお島にLET'S GO!みたいなジェットコースター映画。そのまま突入する潜入ゲーム。

スピードよし!グロよし!エンタメよし!ホラーよし!という感じでとても良い。

ビジュアルも良い。大変良いクジ引いた感じ。

4.スウィングキッズ

 

javok.hatenablog.com

タップダンスx韓国x収容所。熱い若者たちのタップダンス愛が凄い。目が離せない。

もう待てない。早くタップを踏んで!と楽しくてしょうがない。

が、後半は韓国映画あるあるになってしまうんだけど、それはしょうがない。

でも楽しかった。

3.ファーザー

 

javok.hatenablog.com

これは凄い映画だったな。ホラーであり、ドラマであり、サスペンスであり、でもやっぱりホラーなの。

この視点をこんなにわかりやすく、伝える映画があっただろうか。

凄い映画だったよ。

2.スワロウ

 

javok.hatenablog.com

二回見たよね。私映画って基本1回で終わるんだけど。

見ていると胸が詰まりそうなの、息苦しいの。

息をしているか?息をするんだ、という THIS IS USの言葉を思い出すよ。

きっと生きていると息が詰まりそうになることってあるんだよね。

私はよくヘッドホンをしてたけど。不思議に今は必要ないんだ。

だからそれでよかったんだと思う。

 

1.ハーフ・オブ・イット 面白いのはこれから

 

javok.hatenablog.com

これ何回見たかな、20回ぐらいは見たわ。

これが一番響いたんだよね。

話は明快で、ボーイミーツガールミーツガールなんだけどね。ティーン向けのね。

なんだろうね、人と人が分かり合うとか、分かろうとするとか、そもそも貴方のことが理解できないとか否定するわけでも、そういう話じゃないのよね。

まず受け止める話なんよ。

現実的なことを言えば、否定する人もいるだろうし、理解できてないこともよくあると思うけど。

わかった、って。それが響くんだね。

 

ということで、よかった映画!でした。

今年は250本ぐらいしか見てないですね()

ドラマが曲者だったな!!

来年も良い映画に出会おうー

流石にコロナが落ち着いたら、映画館に行きたいなあ・・・・・・。

良いおとしをー

 

©2015-2019 javok's diary