javokの日常

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
映画館鑑賞リスト

映画:ハンターキラー潜航せよ、の奇のてらい方。

 

www.youtube.com

ハンターキラー潜航せよを見てきました。

 

ちょいちょいCGの低クオリティは、感じるものの、中々斬新な演出もあって、結構楽しめました!

主演はジェラルド・バトラー。北海で任務中だったアメリカの潜水艦が沈没したらしい。ロシアに撃墜されたのか?真相を探るべく、攻撃型潜水艦、通称ハンターキラーとともに、ジェラルド・バトラーキャプテンが調査に向かう。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BN2YxMWRiNjAtYWI0Mi00NGNjLThkMzMtNTFiMDM5NDI0MTZjXkEyXkFqcGdeQXVyNzI1NzMxNzM@._V1_SX1777_CR0,0,1777,737_AL_.jpg

という出だしです。

 いやー最初は、いつものやつなんでしょう?

そうなんでしょう?

って思ってたんですが。

いやはや。

この潜水艦が、潜水し出した時の斬新さである。

何この北斗の拳バリの仁王立ちは。

まずここで惹きつけられてしまったのである。

それから、怒涛の勢いで、映画は展開し、目まぐるしくコンパクトに、バランスよくまとまっており、好感が持てる。

しかもです。

実は、この潜水艦映画、

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BYWJlMmM5MTMtMTlhYi00Nzk3LWJiNDMtNjFiOWM4Njk0YjM4XkEyXkFqcGdeQXVyNTc5OTMwOTQ@._V1_SY1000_SX1500_AL_.jpg

潜水艦の作戦と、陸上作戦の2方向視点で映画が展開します。

新しいな。まさか、お外で映画が展開するだと?!

と、またしてもハイスピード展開で、物語は展開しだしてハラハラドキドキ。

ネタバレになるから、ここがいい!あそこがいい!というのが言いづらいんですが、全部韻を踏んでおり、そして見せ方がわかりやすく、かつ、見せ場を心得ているのがとても良いです。

勿体無いのは、本当にCGが荒くてちゃちぃ!!

荒いからぼかして誤魔化すのは上等!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BYjFlNmIyYzQtNTliZi00ZDBiLTkxNDMtYTc0NDBhMTY3MGNkXkEyXkFqcGdeQXVyNzI1NzMxNzM@._V1_SX1777_CR0,0,1777,747_AL_.jpg

でもそんな事はいい。

楽しかったから許す!

 

物語のネタも、

またロシアかよ。

とか、思ったりしたわけなんですが、今回は

やべぇ、ロシアかっけぇ

ってなります。

これも新しい。ていうか、大体がロシア敵だったからな。この敵だったかもしれないが、わかり合おうよ感とてもいいじゃないの。

ジェラルド・バトラーも、黙して語らずってこともないが、重みのある判断力をもった艦長みたいなのもいい。

なにより、キャラクターたちが魅力的だ。

ジェラルド・バトラーが主人公なのは間違いないのだが、この映画はみんなが主人公。みたいなところが良い!

ということで、最近みたアクション映画の中でも楽しめました。

ちなみに、監督さんはドノヴァン・マーシュ。

うーん・・知らないな。要チェックではないか。

日本公開されている映画は、ハンターキラーぐらいなのかしら・・?

www.imdb.com

ちなみに、この映画、製作にはジェラルド・バトラーの名前もありますね。

いい金の使い方ですな!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzQyMzU5OWUtZGYwMy00NTExLWE1NzItNjBhNGRlOWVkOTI1XkEyXkFqcGdeQXVyNTc5OTMwOTQ@._V1_.jpg

 

©2015-2019 javok's diary