二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2021
鑑賞リスト

映画:サイレンス。音のない世界で逃げ回る。

www.youtube.com

サイレンスをみました。ホラー映画です。

マイク・フラナガンが監督ということで、おっかけてみたって感じです。

原題はHUSH。静かにさせるとかそういう意味があります。

 

主人公は、中学生ぐらいの頃に、病気をして喋れない・耳が聞こえません。

小説家をしていますが、田舎で暮らしたかったので一人でそこで暮らしている。

最初に、料理をしているシーンから始まる。

音がないシーン、音が出るシーンを観客に見せていく。

 

そんな彼女の連絡方法はチャット。

チャット時に音は出るものの、音に彼女は気づく様子はない。

友達とのチャット中には、PC画面を常に気にしながらやりとりする。

 

そんな彼女が、忍び寄る殺人犯と対峙する話。

 

家の中と家の周りだけで物語は展開するのですが、結構面白いです。

この映画、言葉が喋れない・耳が聞こえないため、男が忍び寄っていても気づかなかったりする。重要なのは自分の視覚のみ。

 

ホラー映画でよくあるのは、目の見えない人が、耳を頼りに戦う話だったりします。

見えない目撃者、ドント・ブリーズ、暗くなるまで待って、とかね。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

突如として訪れる暗闇には、目の見えない人が勝つっていう戦い方よ。

で、サイレンスの場合は、盲目ではなく、耳が聞こえない。

どう考えても前者よりも不利と思える。

それをどう戦うのかという話だ。

この映画では、盲目の人が暗闇で戦うよりも、奇抜でぎゃふんな戦い方のアイディアはない。

ただ、見せ方はやっぱハラハラする。

ゲームでいうと、

家でますか?でませんか?

屋根登りますか?登りませんか?

ていうね。

声を出せない人が、途中で自問自答する演出は楽しい。でももう一押欲しい気がする。

それにしても、マイク・フラナガンって、この主人公みたいな黒髪のスレンダーなきりっとした感じの女性好きだよね。

 

https://eiga.k-img.com/images/movie/84883/photo/33c6ea358ee1fe15/640.jpg

©2015-2019 javok's diary