二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2022
鑑賞リスト

映画:ホムンクルス。公園とホテルの狭間で眠りに落ちる。

www.youtube.com

ホムンクルスを見ました。ネトフリですね。

原作漫画は全部読んでて、結構好きな作品。

殺し屋イチも描いてた山本英夫。殺し屋イチって最初の方の話衝撃だよね。

えぇ・・・・・えええ・・・・?!

どう考えてもやばい主人公なのよね。

でさ、ホムンクルスもそんな感じなのよ。

人間味ある主人公で、キレイじゃないわけさ。

家がなくてホームレスで、公園でホームレス仲間に食事をごちそうになったりするんだけど、寝床はそこじゃないの。

いつもスーツを着ていて、車の中で”く”の字になって、指をしゃぶって寝ているんだな。

車がどこに止めてあるのかというと、西新宿の公園とハイアットリージェンシーとの狭間。

 

ホームレスが暮らす公園と、4つ星ホテルのハイアットリージェンシーの狭間に車止めて暮らしている

という設定が良いのよね。でもこの映画でそこはあまりプッシュされていない、というか描かれてはいない。

まあ、映画だしいろいろ端折るのだろう。

 

そんな主人公のもとに、ピアスあけたり入れ墨したりした怪しいやつが、お兄さん、額にちょっと穴をあけませんか?と誘うわけ。人体実験をしたいんだけど、危なくないし、お金を払うからさ。

 

いやいやいやいや、危ないでしょ

そんな怪しい男を演じるのは成田凌。いいね。

で、そんな怪しい成田凌にほいほいついていってしまう主人公綾野剛。

そこから、右目をつぶると左目でホムンクルスが見えるようになってしまうーっていう話なんだね。

 

左目で見えるっていうのは、理にかなっているよね。

右脳は左側とつながっていて、左脳は右側とつながっているから、理性的な論理的な話をする人っていうのは、右手で説明したり、腕を組むときどっちがした?w みたいな心理ネタでもよくある話。

というのもあって、左目で見えるんだろうね、ありえないものが。

 

この映画、ヤクザが出てきて、小指を切ろうとしたり、JKとおいおいお・・・ぃみたいな展開になったりするわりには、PG12なんだよね。

内容はPG12じゃないんだけど、そういうシーンを描かないことでPG12になっているんだろうな、という感じ。

あ、でも転がるもんは転がってた気が・・・(まあいいか)

 

で、確かに、うまく見えないようになっている。

でも、ファブルと違うのは、ファブルはそういう展開を一切描かず、ストーリーにも使ってないんだけど、清水崇だからか、見せないけど話はとりあえずそのまんま描きます、ってスタイル自体は好きかな。

 

前半は、割と忠実に漫画に沿って描く。

ただ、中盤から後半にかけてはだいぶオリジナル要素が強い。

これが、いいんだか悪いんだか的な展開にもなっているんだが・・。

とりあえず、岸井ゆきのと、成田凌っていう組み合わせを見ると、なんだかもう愛がなんだの映画に見えてくる不思議だよ。

岸井ゆきのって謎の存在感あるよね。

成田凌も、なかなか良いのよ。もっと出番があったら、綾野剛を食う感じ。

よく考えたら、みんな主演はれるやんけ。

 

と・・・まあ、そんな感じで見ていたわけだが、悪くないけど今一つ感。

無難な展開に行っちゃった感じが解せないけど、成田凌をもっとおおおおおお という感じの映画になりました。

 

原作おすすめヨ☆

 

https://movies-pctr.c.yimg.jp/dk/iwiz-movies/pict/p/p/46/8c/185678_02.jpg

©2015-2019 javok's diary