javokの日常

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画館鑑賞リスト2019

映画:ストリーミングを見てたら困るあるある話

昼休みはよく会社で映画を見ているのですが、たまに困ったことにであいます。

 

それは。そう。

 

えろシーン!!!

一応、最近のストリーミングは、レイティングを書いといてくれるんですけど、そういうセックスシーンじゃなくてもですね、困ることがあるんです。

 

レイティング表記が一切ない、コメディ映画を見ていたときのことです。

隣のヒットマンというブルース・ウィリス主演の映画。

www.youtube.com

のっけから、フレンズのマシューペリーはでてくるし、安全だろうと見てたら、胸がまるごとでてくるシーンがあった!!!

 

おっぱい出てるんだけど!!!

 

ちょっとまて!!日本の会社的にはこのシーンは、レイティング必要だ!せめて、pg12は書いといて。よ。

 

ちなみに以前Netflixに入っていたことがあるのだが、オルタード•カーボーンのドラマ見てたら、おにーさんの局部が包み隠さず出てきてびっくりしたことがある。

youtu.be

NetflixはAmazonと違ってちゃんと見せてくる気概はいいのだが、気をつけないとわたしのようになる。

 

つか、検索したらシーズン2やるって言ってるじゃないか。

jp.ign.com

Netflix今止めてるんだけど、もうNetflixの海外ドラマ勢強いな。シーズン2始まったら考えよう。

 

ちなみに、調べたら最近あった日本映画の怒り、はpg12らしいですね。

あんなに重たい話がpg12でいいのだろうか。まあ、直接的なシーンではないんだけど、12歳に見せていいのか悩ましい。

 

 

ということで、私は悟った。

会社ではgレートあるいは、日本連続ドラマとかじゃなきゃ安心して見られない!!

でも油断するな。

書いてなくても、おっぱいが出てくることがある。

 

みんな気をつけよう。

ストリーミングハラスメントになるかもしれない。

 

多分ディズニーなら見てもいいのかもしれない。

 

 

©2015-2019 javok's diary