読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

javok’s diary

日々の徒然

レーシック検診にいく

レーシック検診にいきました。

前検診は無料とのこと。 レーシックは、ある程度実績がないとやるのも怖い感じがしていたので、二人知り合いがすでに受けているところに診察。

 

レーシック検査概要

検査は、明るい場所、暗い場所の両方で行う。

眼圧、暗所での瞳孔の開き具合、矯正時の視力、裸眼での視力などなど。

 

角膜の厚さは、日本人であれば500μmが平均らしい。

私は、530μmだったのでほぼ平均。人によっては、600μmある人もいるとのこと。

これが、400μmとかになると平均より薄くなってしまうため、近視の度合いが高いと、術式によっては、手術が受けられないという。

 

これにかかわるのは、屈折率とのこと。

屈折度の球面が、-10になると、度合いが強すぎるのだという。

 

-3以下 軽度
-3.25~-6以下 中度
-6.25~-10以下 強度
-10.25以上 最強度

私は、中度なので、どこをとっても平均だったw

術式はいろいろあるらしいが、

今は切るタイプはほぼない様子。

レーザー方式。レーザー方式でも、古いタイプと新しいタイプがあると説明された。

古いタイプは、先生がどこにレーザーを当てるかを横からみてきっていくのだという。

または、機械で100μmなど固定で切ってから削るのかなど。

 

新しいタイプの場合は、この100μmが固定ではなく、目の球体(円形なので)に応じて、この100μmの厚さを変動するとのことらしい。

そのため、少しクオリティを上げる手術になるのだという。

 

要するに、角膜厚は、500、600など人によってさまざまだが、手術をすると、これを

結局削らないと手術できないため、厚ければ厚いほど良い。

結局、数回手術をすることになった場合、残っていれば残っているほど良いからだ。

だから、術式で、角膜厚を無駄にしない手術にするのか、どうかという違いもあるとのことだった。

 

術式概要

術式として一番ポピュラーなのが、

目の角膜、上皮から、上にかぶせるふたみたいなもの(フラップ)を作って、手術後にそれをまたかぶせて保護するのだという。

フラップをかぶせた直後は、水がフラップ内に入っているため、すこしぼやけるとのこと。術後5時間以内は、目をこすってはいけないという。5時間たつと、フラップから水が出てある程度固定されるので、多少はOKとのこと。

 

そのほかにも、数種類手術があるが、格闘技をやる人の場合は、このフラップ自体を作らないのだという。顔面強打などにより、フラップがずれる可能性があるからとのことだった。

フラップを作らない場合は、膜がないため、目が沁みたり、回復には時間がかかりそうなみたいなことを言っていた。

 

お値段

術式によってことなるが、15~60ぐらいまであります。

紹介者をまたいだりすると、数万円の割引や、

納税所で、1万弱の割引になるようです(10万円以上の手術が対象になるとのこと)

 

手術前後の制限事項

手術3日ぐらい前から、消毒用の目薬を処方される。

4回は目薬を差すように指示を受ける。

手術前日のお酒はOK。

術後は、手術日を入れて3日お酒禁止。

手術当日のお風呂は禁止。(洗顔)

術後2週間後にプール可能、海水は1か月後。

飛行機などの乗り物はOK。

術後は検診が複数回行われ、経過を見る。

 

まとめ

まだ研究段階に近いからと、医者の知り合いには、まだ歴史が浅いからおすすめしない~とは言われたが、裸眼になりたいからな・・!とりあえず、いってくるわ~・・かな。

広告を非表示にする
©2015-2016 javok's diary