二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2022
鑑賞リスト

映画:マーシー・ブラック。吹替はたぶん甲斐田裕子。絶対甲斐田裕子。

www.youtube.com

マーシーブラックを見ました。

U-NEXTですね。

ブラムハウス最新作らしいです。

って、撮られたのは2019とか2020らしいよ。

コロナ禍映画だからかな。

 

で、ホラー映画ですね。

最近なんかホラー映画少なくね?気のせい?

もっと、くれよ。

ホラーが足りないよ、お願いだいよ。

って、もしかしたらコロナ禍の影響なのかな。

映画撮影ストップしてた影響が、今になって供給不足とか・・?

ストリーミング配信はとめどないっちゃとめどないけどね。

 

で、マーシー・ブラック・・要するに、名前を言ってはいけないあの人みたいな立ち位置。

でも人じゃない。

この映画の主人公は小さいころに犯罪を犯したか何かで、精神病院的なところにいたか何か。

久方ぶりに、実家に帰ってきたけど、みんななんとなくわかっているから。

あのやべー家の子帰ってきた。

みたいな感じなのよね。

そういう意味ではチャッキーよな。

チャッキーってさ、じゃなかったチャイルド・プレイってさ、1の時人形が犯人だなんて・・!!っていうのを誰も信じてくれなくてさあ、お母さんは精神病院に入院させられるんすよ。

そこんとこ行くと、ターミネーター2でも母親は精神病院に入院。脱走するとかしないとかっていう展開もあったよね。

だからあれよ。

母親はとりあえず精神病院に2だと入れられる、高い確率で。

で、この映画の場合は要するに

マーシー・ブラック2なんですよ。いや、3か?

精神病院から帰ってきた主人公、という背景。昔何があったんですの?っていう謎を醸し出しつつ、徐々に紐解いていく。

そういう意味では、むしょ帰りの主人公・・。

 

お姉さんの家に転がり込むんだけど、シングルマザーでね。

息子がいるけど、妹のことを別に信じちゃいなくて、息子に悪影響がないといいなぐらいに思ってる。

父親はある日出て行ってそのあと帰ってこなかった。

息子はちょっと内向的な子で、帰ってきた妹と少し仲良くなるんだけど、徐々にマーシー・ブラックの影が見えてきて・・。

 

っていう話。

この映画、割と普通なんです。

あるあるネタといえばあるある。

すごい怖いってこともなくて、オチも割と普通なんだけどね。

あと、マーシー・ブラックが全然怖くないのが、余計絵的に問題

いやね、主人公からしたら、その姿だから怖いんだと思うんだけど、わたしからすると全然怖さを感じないんだよ。なんだろうね。

昔の引用が足りないんだと思う。

彼女の過去に引っ張られないし、感情移入できないんだよ。だから、怖さを全然感じなくてねえ。

それよりは、どちらかというと息子に感情移入しちゃうんだよね。

でもやっぱ足りないんだ。

この映画で一番面白かったところは、息子が同年代の子と庭で遊ぶところ。

小さい秘密基地のような掘っ立て小屋に入って遊ぶんだけど、そこが個人的には一番面白い。

そして、あれがエンディングへの布石にもなっている。

 

ところで、主人公の吹替は、たぶん甲斐田裕子さ・・ん・・・だと思うんよ・・・・?

勿論、Wikiったんだけど、

マーシー・ブラックを検索すると、田代まさしがたくさん出てきて・・・

GOOGLE、しっかりしろよ!!!

というわけで、見つけられなかった、田代まさしに負けたぜ。

間違ってたらごめんね。

https://www.cinemacafe.net/imgs/ogp_f/546116.jpg

 

©2015-2019 javok's diary