二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2022
鑑賞リスト

映画:テリファー。狂気の沙汰のピエロさん。

www.youtube.com

テリファーを見ました。

ホラー映画ですね、U-NEXTです。

アマプラにもあった気はする。

 

物言わぬピエロが、人々をめったんめったんに殺しまくるというホラー映画ですね。

 

この映画は、兎角ピエロの印象が強いですね。

ピエロってちょっと派手目の、赤、青、黄が多いじゃないですか。

でも、この映画に出てくるピエロは真っ黒。

で、かつピエロの顔が印象的。

悪魔というか、魔女みたいにすごい大きな鷲鼻で、下方にとんがってるのね。

それに、この映画に出てくるピエロはしゃべらない。

そもそも、ピエロってしゃべらないしね。

 

あのしゃべらない主義ってどこから来てるんだろう・・?

と思ってググったら、どうやらフランスの無言劇に出てたのがピエロっていうらしい。

なるほど、ということはもともとの起源はヨーロッパとかなのかな。イギリスだと、道化師のくくりでクラウンという言い方もあるらしい。

なかなか、たくさんのちょっと違う意味合いのものがあるね。

 

ただ、WIKIを調べていると面白いことが書いてある。

ja.wikipedia.org

ピエロとクラウンの違いについてだ。

ピエロとクラウンの違いについて記載があるが、ピエロは確かに無言劇が元だとある。それと同時に、ピエロの化粧には涙を流したような跡を描くとある。

涙マークの意味合いは、観客に馬鹿にされながらも笑いを取るが、そこには悲しみを持つという意味合いがある、ということだ。

 

で思い出したんだけど、なんかこれってあれだよね。

ジョーカーだよね。

あの人は笑っているのに泣いているんだもの。

 

javok.hatenablog.com

そういえば、ジョーカーは冒頭のほうで、笑顔を作りながら涙を流すんだけど、そのときピエロの化粧が落ちて青色の涙が流れるんだよ。

あれは結局ピエロなんだろうね。化粧が崩れて、頬まで垂れていることが多いからね。

 

ピエロやクラウンを題材にした映画なんかが多いから、それについて考えちゃった。

よくよく考えると興味深い。

 

で、テリファーの話を全然してなかった。

これに出てくるピエロさんは、どうも大変残忍なやつで、おどけていて、一言もしゃべらない。

 

ただ、とにかくずっとずっと殺しまくってるわけなんですけど。

スラッシャーの嵐なわけですね。

理由はなんだか全然ない、

とにかく

ピエロがただただおどけながら、殺しまくる!!!

というホラー映画になっています、ある意味いさぎよい・・w

 

ちなみに、terifyが怖がらせる、erがついてより怖がらせる みたいな意味になるのかな。

実はこれ続編の2があるらしいよ。日本語版はなさそうだが。

https://m.media-amazon.com/images/I/71MgNQS3oqL._AC_SY879_.jpg

©2015-2019 javok's diary