二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2021
鑑賞リスト

映画:アンフレンデッド。searchとコロナ禍の走り。

www.youtube.com

アンフレンデッドを見ました。

存在は知ってたんだけど積み映画だったんだよね。

見てみたら既視感すごくてね。

Searchだなこれ!!

www.youtube.com

ってなったんですよね。

映画サーチは見たでしょうか。

 

面白かったよね、アレ。

娘がいなくなって、お父さんが娘のパソコンから、娘のことを探し始めるっていう映画なんだけど、

全編ほぼパソコン画面なのよね。

勿論、snsでフレンドとやり取りしたりするんだけど、アンフレンデッドはもろその感じなのね。

サーチより以前にアンフレンデッド作っているわけだから、サーチの監督はこの映画見ていただろうな。

 

ちなみに、アンフレンデッドの中でも、パソコン画面で物語が展開する。

クリック音はもちろん出すし、マウスのカット・コピー・ペーストは必須。

ショートカットだと映画見てる人に伝わらないからね。

マウスの軌跡の迷いや、ダイレクトメッセージの打ち直し、書き直しなんかも良い演出だ。

アンフレンデッドでは、自殺した友達と関わる高校生たちがスカイプしてると、知らないやつがビデオチャットにいて、誰こいつ??って物語が展開するんだけど、雲行きが怪しくなっていく、って展開。

 

これもコロナ禍のドラマや映画を思い出すね。

予見した映画づくりですね!ある意味。

ビデオチャット中に、犯人だとかがリアルタイムでビデオに映されたり、ビデオチャットの裏側で行われるダイレクトメッセージとかね。

 

こういう見せ方は、サーチもコロナ禍のサスペンス系映画ではよくやってる手法でした。

登場人物たちと同じ目線で物語に吸い込まれるから楽しいよね。

 

低予算なのに楽しく見れる、というポップなホラー映画でした。

 

https://movies-pctr.c.yimg.jp/dk/iwiz-movies/pict/p/p/eb/6a/170021_03.jpg

©2015-2019 javok's diary