二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2021
鑑賞リスト

映画:スワロウ。自分の存在を確認する。

www.youtube.com

スワロウを見ました。

前から気になっていたので見てみたかったんですよね。

この映画ですね。

私のお気に入りになりました。

 

まあ、最初から話します。

この映画、事前知識何もないまま見たんですがね。

ホラー映画とかスリラー映画だと思っていました。

全然違います。

スワロウっていうのは、飲み込む、っていう意味があります。

この映画の主人公は、あるエリート階級の夫婦の奥さんです。

旦那は、超金持ちで、実家も金持ち。

丘の上の一軒家で、プール付きの家に住んでいる。

冒頭から、カラフルな黄色の長靴と、紫のインナーの彼女の姿が目に留まる。

この映画のいいところの一つは、

なんといってもデザイン性、色彩感覚と言えると思います。

とてもおしゃれなんですよね。

家の家具や色合い、彼女の服装、どれをとってもとてもおしゃれ。

でも

生きている感じがしない。

旦那の両親と食事していても、どこか居心地が悪く、自分に興味もなさそうで、とてもつまらない。

そんなときに、ふととてつもない衝動に襲われる。

あのキラキラした氷が食べたい。

それが始まりだった。

それからというもの、彼女は色々なものを飲み込みたくてしょうがない、その衝動が止まらない。

主人公がネクタイにアイロンをかけてしまったことを、蔑むようにたしなめられ、旦那の母親には、できるふりをするのが一番ためになるとお小言を言われ。

いつもいつも息苦しい。

そんなときに、飲み込むと、いろんなものを忘れられる気がした。

綺麗なものを飲み込んで自分もキレイになるように。

自分はちゃんといるような気がした。

そんな彼女の苦悩がストレートに描かれていて、見ていると心が痛む。

そして彼女は驚くほど自尊心が低く、夫やいろんな人の言葉通りに生きてきた。

どうしてそうなってしまったのか。

後に、彼女の過去と対峙していくことになる。

私は何といっても、この映画の終わり方が好きだ。

とくに、エンディングが大好きだ。

終始おしゃれに映画を彩っていたオブジェは何もなく、

服装も着崩れ、

どんどんシーンとしては色褪せていくにも関わらず、

ちゃんと息をして、生きているように感じる。

そんな色で終わっていく、この映画の終わり方は最高だと思う。

良い歌だったし、ちょっと泣きそうになった。

頑張ってエンディングテーマ曲も探したw

Alana YorkeのAnthemという歌らしい。

讃美歌、祝歌という意味合いがある。

www.youtube.com

 

https://eiga.k-img.com/images/buzz/86955/92cb785524a06cf3.jpg?1605254302

©2015-2019 javok's diary