二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2021
鑑賞リスト

映画:サバハ。ホラーかと思ったら、韓国の新興宗教を辿るミステリー。

www.youtube.com

サバハを見ました。

こちらもNETFLIXオリジナルですね。

ホラー映画・・かと思いきや、ホラー要素というよりは、オカルト。。いやカルト?カルトじゃないか、謎解きとかそういう要素が強いです。

 

新興宗教の話ですね。

そういやさ、韓国のニュースとかでたまに新興宗教の話よく出てくるけど、韓国って宗教が多いの?

でもあれか、日本もなんだかんだそういうの多いよね、って思ってたら、サリンがでてきたよ!w

宗教と言っても、この映画では仏教のネタが出てくるので、日本は外せないんですね。

そういえばさ、韓国って漢字とハングル両方使われるけどなんでなんだろ?って思ったりしたんだけど。

kvillage.jp

ぐぐったら出てきたよ。両方使ってた時代があったのか、なるほど。会社に韓国人がいるから、今度色々聞いてみよう。

 

それはさておきだが、この映画なんと日章旗も出てくるんだよね。え?いいのかな?よく、日章旗とかダメ!絶対!みたいな感じで抗議受けてませんでしたっけ・・・?ネトフリだからいいのかな・・?とか思いつつ、物語の本筋より、それ以外の要素がきになっちゃうんだよ。

例えば、韓国で車を運転していて信号機が横に4つあったりするのさ。

青、赤、黄・・あとは・・・?きになる(きになる・・)

http://shunjapan.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/12/24/285_1024_2.jpg

もちろん、ぐぐったよね。なんと矢印がそこにでてくるらしいよ!!

本当かい!

青しか点灯してないときは左折できないんだってよ!!

まじかよ!交通違反起こしそうだわ。

そしてパク牧師だが、貧乏そうにみえて実はBMWにのっている。見た目には気を使っているというキャラ設定なのだろうか。

 

となんか違う文化方面やら色々が気になってしまうのでした。

すごい本筋から離れたけど、今更本筋を話そう。

 

この映画では、とある双子が生まれたということが発端になっている。

その赤子の片割れはけむくじゃらで、胎内のなかで片割れの足を食っていたという。

 

まじですの?

ってかんじの始まりがホラーを予想されるのだが、意外にもこの映画ホラー要素が薄い。

どちらかというと、悪しきもの(蛇)と戦う獣なる人々を調べて追っていく、というストーリーになっている。

要するに、蛇と獣とそれを調べるものの三視点で鑑賞する映画だ。

この映画は、割と前半は退屈だ。なぜなら、宗教についての説明とかを色々しないといけないから。

 

後半からは謎解き編になって、展開が加速する。

数字の話は、韓国ならではの種明かしでしたね。

班長が、立ち尽くしたまま、紙をはがしていくのも興味深かったです。

何故それに気づかなかったのか。

それはたくさんいただろうし、よくあることで、気にしていなかったのかもしれない。

本当のところはわからないけどね。

と、後半になってくるに従い、点と点が後半に繋がっていく。

鹿は長寿を意味しているのにという言葉が、生まれた双子のクローズアップされていた体の部位はどこだったのか、寒いと語る青年が、何故少女は足を掴んだのかとか。

 

そういえば、英語の題名は六本の指なんだって。サバハは別の意味合いらしい。漢字で書くのかな。

ところで、チベットの僧侶どっかで見たことあるんだけど・・てか日本人じゃね?って思ってたら、田中泯だったよ!だから、英語で演説してたんだね!なるほどね!

味のある雰囲気持ってるよね。

花火があがるのは、クリスマスだからなのか、新年だからかどっちだろう。

新年かな、時制的には。

 

と、なんか違うところがいろいろと気になる映画なのでした。

https://eiganetflix.jp/media/25/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%83%8F_81010699.jpg

 

 

 

©2015-2019 javok's diary