二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
鑑賞リスト

映画:オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主。一人語りの多い幽霊の見える青年。

www.youtube.com

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主を見ました。

オッド、Oddですけど、奇妙な、とか変なって意味合いです。それとかけて、主人公の自己紹介からナレーションが始まります。

主人公は、奇妙な力があって、死人が見えたり、地獄の生き物たちが見えたりします。将来ともにすると誓った彼女と日々を過ごして、小さい事件なんかを解決したり、懇意にしているウィレム・デフォーなんかと慎ましやかに暮らしていたりするわけなんですけど。

ある日、ボダックっていう、彼にしか見えない怪物が働いている店に現れるんです。そいつが現れるのはとても不吉なサインで、数が多ければ多いほど不吉。

その数がどんどんどんどん増えていきーっていう話なんですね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTg1NTQzMjIzOV5BMl5BanBnXkFtZTcwNDk2NzI4OQ@@._V1_.jpg

この映画、彼の一人ナレーションがとにかく多いんですね。

なんだか、NHK教育テレビの海外ドラマを見ているか、デスパレードな妻たちでも見ている気分だなと思ってみていたら、これってどうやら原作シリーズがあるみたいですね。

納得。だから、ナレーションが多い作りにしているんですね。

個人的には、ここまでナレーションいれなくてもなーと思わなくもないんですが・・・。原作がこういう感じの語り口なのかな?ちょっとそっちを読んでみたい気がしなくもないですが。

映画としては、コンパクトにコミカルにまとまっている、って感じですが、シリーズの1つ、アナザーストーリーとか、前日譚という感じが結構します。

という意味では、これ海外ドラマシリーズにした方がよかったんじゃないかね・・?とか思わなくもないんだけど、どうなんでしょうね。

吹替ドラマとかにして和みつつ見たいかな、って感じがしますね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BOThjMWFkYmItNDJjMC00ZjA2LThjYTQtNWQ5ZDAyMDczYjc1XkEyXkFqcGdeQXVyMjQwMjk0NjI@._V1_SY1000_CR0,0,701,1000_AL_.jpg

©2015-2019 javok's diary