javokの日常

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
映画館鑑賞リスト

映画:悪女。3D酔いする人はみてはいけません、きっと酔います。

www.youtube.com

悪女をみました。

予告をみたときに、FPS映画のハードコアを思い出したんですよね。この映画。

www.youtube.com

悪女はっていうと、ずっとこういう視点で取っているわけじゃないんですが、

アクションシーンが凄まじいんですよ。

もちろん、冒頭はFPS視点でアクションシーンが始まるんですよ。

でもFPSってだけじゃない。

一体どうやって撮ってるんだ??

の連続。多分、3D酔いしやすい人は酔うかもしれないので、見るときは気をつけたほうがいいかもしれない。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZWEzYzBhN2EtNDg1NS00OGZjLWEzZWMtZTYxMTJjMjM5ZjgxXkEyXkFqcGdeQXVyMzg2MzE2OTE@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

個人的に驚かされたのは、

バイクアクションシーンのカメラがぐるんぐるん回るシーンとか、

カーアクションで、一人でハンドル操作しながらお外に出ちゃうシーンだ。

どうなってるんすか?w

ここら辺の撮り方は、なかなか驚愕だった。

が、しかし、いろいろツッコミどころも満載なのがこの映画。

というか、アクションシーンでツッコミどころが満載なのは、

絶対に、血は血しぶきを出しながら、プシューーーーー!!!!っと音が聞こえるのかの如く、出てくるんですよね。

ヤクザ映画、この人好きなんじゃないだろうか・・・?

ちょっと思った。絶対拳銃で戦えば良いものを、なぜか絶対みんな刀なのである。

でも、それでいいのだと思う。

ただ、この映画は、物語の主人公の感情路線などを大切にするあまり、

そこに時間を取りすぎている。

だから、アクションシーンで、かっ飛ばしていたかと思うと、

途中で凄い中だるみする。

そこいらないだろ!!

どうせなら、マッハぐらい振り切れる映画にして欲しかった。

www.youtube.com

マッハは、タイのムエタイの映画なんだけど、ドラマ部分なんか糞食らえだぜ!

アクションが大好きなんだぜ!!それだけで映画を作りたいんだぜ!!

みたいな感じで、怒涛のアクションシーンが凄い映画だった。もともと私も格闘技をやってたから、こういう映画は好物である。

イップマンなんかもすげーテンション上がる。

でもね、きっとこの悪女の監督も、そんなにドラマ入れたくなかったんじゃないだろうか・・。

だってさ。

どう考えても、

こういうアクションシーンがやりたい!!!

ていう感じで、映画撮ってるように感じるんだもん。

なんか、トム・クルーズ思い出すよね。

こんなアクションシーンをやってから、ドラマを後付けすればいいのさ!!

この映画は、タイトルの意味をドラマ部分にも持たせたかったのと、アクションシーンも撮りたかったのと、両方が中途半端になっている部分が勿体無いなと感じました。

どうせなら、もっとアクションに振り切って欲しかった!!

そうでないなら、もう少し、ドラマを丁寧にテンポよくして欲しかったなあ・・と感じた。

惜しいですね。

とりあえず、今後に期待しておきます。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZWY4MTI2NWEtYzc4Zi00NzljLTljMjEtODQwODc2MjFkZjAyXkEyXkFqcGdeQXVyMzg2MzE2OTE@._V1_.jpg

©2015-2019 javok's diary