javokの日常

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
映画館鑑賞リスト

映画:ジョン・ウィック。マジ、最高のアラフィフだ。

www.youtube.com

ジョン・ウィックを見ました。

結論から言うと

最高だった。マジ最高だ!!

今まで見てなくてほんとごめんね。マジで最高だった!!

こんなアラフィフ見たことないよ!

と言うレベルのキアヌ・リーヴスだった。(真逆を言うと、トムクルーズも最高のアラフィフだが)

キアヌ・リーヴスといえば、マトリックスとか、スピードの人だよねって言うイメージの人が強いと思う。私はと言うと、町山さんのラジオから、放浪する良い人と言うイメージが強い(詳しくはググると良い)

キアヌリーヴスは、年相応の肉体になったわけだが、このジョン・ウィック、最高なのである。

何が最高だと言うのか??

大雑把に言うと、全てなんだが!!!

細かく言うと、銃撃を使ったアクションシーンとして、最高なのだ。

まずだね、暗殺業を引退したと言う主人公らしく、それなりの年齢のそれなりの動きで持って(アラフィフができる動き)、銃撃戦を見せてくれるんですよ、ここが素晴らしいんですよ!!!

そんでもってね、銃撃戦とかもさ、まず相手の足をうってから、胴体、頭、と数発入れていったりするんだよ。

丁寧に殺していくから玉も足りない。

でも格好良く素早くリロードなんかしない。もぞもぞしながら弾をリロードするんですよ、そこがいいんですよ!

なんなら、ジョンウィックの銃撃戦だけもう一度見たいレベル!で気に入った!

キアヌも、アラフィフだもんな、大変だよな。と思いつつ、銃撃戦が繰り広げられるわけなんですが、一通り、殲滅した後に呼び出す、

死体処理屋さん。

この事後処理感が最高なんですよ。

それでね、暗殺やさんたちは、ホテルで仕事しちゃいけないって決まりがあるわけなんですけど、そんなことは御構い無しに、暗殺が繰り広げちゃったりするわけですよ。

でもね、キアヌはそんなこと気にしないんですよ。

て言うかね、キアヌをみんな好きすぎるんですよ!!!(ジョン・ウィックをみんな好き)

ある意味、みんなキアヌが好きなんじゃないかとすら思うレベルである。

それでさ。

ジョン・ウィックはさ、愛する妻を無くして、その妻が自分に送った犬を愛でるわけなんだけどさ。

これに到るまでのキアヌの朝のシーンが最高なんだよ。

一人だった時の時分と、二人だった時の時分。

絶対違うんだよ、独りだった時とはさ。

それを、天丼することによって、キアヌへの思い入れかたが違う。

悪党なんか死んじまえ!!と思うレベルですよ。

特にね、悪党がさ、ゲームオブスローンズの二世こと、アルフィーアレンですよ。

https://nigiwasu.com/wp-content/uploads/2017/07/alfie-allen-OtagoDailyTimes.jpg

なんて、わがままな二世が似合うんだ!!最高だな!!

そんな二世を追う、キアヌですよ。

アラフィフよ、やってしまえ。

と、応援せずにはいられない。

彼の経緯は、なかなかシンプルなんだけど、この復讐具合が、イコライザーよろしく、気持ちよく、やっておしまい!!!感が最高なのだった。

やってしまえ、キアヌ・リーヴス!!!

久々に、気持ち良いアクション映画でした。

色合いも個人的には、好きな映画です。

始終ツッコミを入れていました、2も見るぜ!!

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTU2NjA1ODgzMF5BMl5BanBnXkFtZTgwMTM2MTI4MjE@._V1_SY1000_CR0,0,666,1000_AL_.jpg

©2015-2019 javok's diary