二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
映画館鑑賞リスト

映画祭:ヴォイド(Void)。白黒から始まるカラー。

www.youtube.com

ヴォイドを見ました。

ほぼ白黒映画です。

とある小説家とその妻の話。小説家は昔ヒットした本が何冊かあるけど、今はスランプ。なにも書けなくなっている。妻は現役バリバリの女優。ハリウッドに渡りたいと考えている。そんな対象的な二人の話。

 

この映画わりと皮肉じみていて、それでいてコミカルな部分があって、という感じの映画ですね。

なんだかんだで、男性の局部の写しがあるので、R指定入るんじゃないのかなって気はしますけど。

R指定の表記はなかったので、もし日本で上映されるとしたら何か変わるか、指定が入るかなって気がします。

主人公は、この男性作家なのですが、ヒットを飛ばした小説は二冊きりで、あとはうんともすんとも文章が浮かんでこない。

自分でもそれが分かっているのに、下手なプライドがそれを許さない。

人間としての建前みたいなものが存在して、妻にも当たったりしてしまう。

ほんとどうしょもねぇ女々しい男だな!!

と思う反面、彼の気持ちがわからんでもない・・という気もする。

そんなこんなで、主人公は活路を見出してしまったりするわけなのだけど、それに至るまでの展開が、ちょっと皮肉だったりもする。

と、まあすったもんだする夫婦のお話でした。シニカルな感じの映画でしたね。

©2015-2019 javok's diary