二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
鑑賞リスト

映画:イット・カムズ・アット・ナイト。夜にやって来るものは。

www.youtube.com

イット・カムズ・アット・ナイト見ました。

何となーく、その赤い色のドアが気になっていて。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNzgyN2Q2NmItZWY5Yi00ZmJkLTlkMjEtYjYwZTczYzMwMjI3XkEyXkFqcGdeQXVyMDAwMDAwNA@@._V1_.jpg

終末世界のお話です。

何かの病原菌が流行してしまって、それを解決するすべが無い。

家に閉じこもって暮らしている家族のお話。(3人家族)

家の出口は1つだけ。

出口は二重の扉にしていて、赤い扉が2つ目の扉ってわけです。

閉じこもっている家で、病気に冒されたおじいちゃんが、もう死にそうってわけです。そこから始まる。

で、暮らしていたら、その家に侵入者が。

捕まえて話を聞くと、廃屋だと思って間違って入ったんだ、家族を残してきたから、見逃してくれ、というわけです。

話を聞くと、家畜がいるから分けてあげることもできるーと。

家に人を招き入れるべきか、貴重な家畜ごと家に招き入れれば良いのか、そう悩みつつ、親父さんはその侵入者の家族を迎え入れることにするわけです。

It comes at night.夜にやってくるもの。

ネタバレになるので、詳しくは言えませんが、要するに主人公の男の子が、夜に見る夢のことですよね。

この終末世界で、家族は色々と話し合うことがあるので、食卓でよく家族会議を開くんですけど。

侵入者の家族を迎え入れるべきなのかとか。

その家族会議のシーンが、とてもいい伏線になっていて、最後へと繋がっていきます。

結局のところ、人間の業や、疑い、暗部についての映画なのですが、暗部に至る前に、光差すようなシーンも描いていて、心の遷移の持っていき方は好きです。

その病原菌結局なんなのさ?とか、ていうか、そんなに怖いなら家から出るんじゃねーよとか、あの爺さんと一緒に暮らしてて移らないとかありえなくない?

とか、そういうことを置いておいて、中盤あたりからの緊張感ある展開は、まるで密室殺人事件でも起きたのかのような気分で、是非見て見て欲しい感じですね。

まあ、評判はあまり良く無いですがw

 

 

©2015-2019 javok's diary