二月の鯨

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
映画館鑑賞リスト

映画:ウトヤ島、7月22日。惨劇たる隠れんぼ。

www.youtube.com

ウトヤ島、7月22日を見てきました。

映画の本編中、72分がワンカットというのでそこに興味があったのと、ノルウェーでテロがあったという実際の事件が元になっていたというのを知らなかったのでみにいくことにしました。

 

実際に事件があったのは、2011年7月22日のこと。

まず始めに、オスロの政府庁舎で爆破事件があった。

オスロというのはノルウェーの首都とのこと。ていうか、ノルウェーって全然危ないイメージはなかったのだけど、やはり陸続きだし、EUだしってことで危険は近くに潜んでいるということだろうか。

映画の本編は、この爆破事件の防犯カメラの映像をミックスさせて始まる。

実際に左下に日時が入っているのだが、実際のカメラ映像を使っているのだろうか?

 

事件で犯人は、このあと移動してウトヤ島に銃乱射に向かったということである。 

主人公、関係者など一切の登場人物、物語はすべてフィクションとのことだが、リアリティがありすぎて、ドキュメンタリー映像かと思う(ある意味、ホラー映画のブレア・ウィッチ・プロジェクト)を、スリラー映画に転用したかのような映像かと思う。

ちなみに、実際に映画の終わりに、ドキュメンタリー映画ではないと記載があった。

 

主人公は、妹ともに、ノルウェー労働党の青少年キャンプをしにウトヤ島に来ていた。妹は、真面目にキャンプに参加せず、海で泳いでたりして、テントの周りも汚く、叱り付けていたりした。

そんな折、姉は仲間と談笑しているところで、悲鳴と銃声のようなものが聞こえる。

逃げる中で、妹とはぐれてしまった姉は、妹を探そうとするのだがー。という話。

ちょっと、最後のオチ以外は少しネタバレではなします。この映画ですね

 

リアリティさが半端なくってドキュメンタリーかと

まず、これを一番に感じた。

何が凄いって、

銃声が聞こえた瞬間、銃声だとわからない。

しかも、みんな駆け出してきて逃げて!って言っているのに、またまたーなんだ?なんの騒ぎなんだー

ぐらいのふざけてるんでしょって思っているわけなんだけど、どう考えても様子がおかしい。そしてみんなで一旦、キャンプの事務所のような建物に逃げ込むわけだが、

このヤバイと感じるまでの反応時間の尺が凄いリアル

そんでもって隠れるわけだが、ひっきりなしに銃声が聞こえてくるわけだ。

扉をしめて!と言われて閉めるんだけど、鍵は閉めてなくて、ちょこちょこ人がなだれ込んでくる。

なだれ込んできては、扉をしめて(でも鍵は閉め忘れる)

3回目ぐらいでやっと鍵をしめる。

この反応速度や回数の尺も凄いリアルに感じる

また、みんなでひしめき合っているんだけど、何が起きているかがわからない。

でもヤバイとは感じる。

音だけ聞こえる。聞こえるたびにみんなの単発的な悲鳴が聞こえる。

暫くすると、

この建物にいていいのか??という話になる

そうして、一斉に皆が飛び出していくわけなのだが、この早く逃げないとー。という焦燥感も凄い。

ていうか、お姉ちゃん・・。その足怪我したやつは置いていっていいから!!

と思わずにはいられないぐらい、このお姉ちゃんいいやつすぎたりもする。

 

なんだかんだで、友達と一緒に、地面に寝そべりながら隠れているわけなんだが、

走って逃げ込んでからの隠れるまでの地面のカメラワークも良く、ちゃんと地面に寝そべったり、犯人に見つからないような視線を意識している

んで、隠れながらも、彼らは電話していたりする(テロが起きているので繋がりにくいため、電波状況は悪い)

しかしながら、不思議なことに

電話しているときや、彼らが助けて、こんなところにはいたくないという時に発する言葉には、

ママに会いたい。

ということなのだ。パパじゃないんだなあ。と少し思ったりする。

隠れている間、このまま隠れるべきか、浜辺まで逃げて泳いで逃げるかという話になるわけだが、そこに一人の青年が逃げ込んでくる。

頭からは血を流しているわけだが、一体何があったんだ?と問いかけるも、

暫く言葉が出てこない

この演出はいいと思う。確かに、パニックになってたらすぐ言葉なんか出てこない。

彼は暫くしてから、言葉を紡ぎ出すには、

犯人は複数だ、警官だというわけだ

しかし、実際は犯人は単独犯で、警官ではない(なりすまし)。何がどうなってそうなったかは不明だが、実際の現場ではそういう嘘か本当かもわからぬ憶測が飛び交うということかもしれない。

不安になった彼らは結局、浜辺を目指すことに決めるわけだが、

姉は一人、テントへと妹の無事を確認しにいくわけである。

その時に、ホラー映画かと思うほど、ぞっとする瞬間が待ち受けているわけだが、是非耳をすまして聞いてほしい。

そうこうしていると、姉はなんていうか、いい人すぎて、助けて!という女の子の声を聞いて、助けに向かったりするわけなんだけど、このシーンもなかなか戦慄ものである。

ていうか、この肩を怪我して携帯を握りしめた少女の演技がぱない。

怖い。

 

どこで撮影しているのか定かではないが、見えない犯人、聞こえる銃声の恐ろしさから逃げ惑う人々。

これを72分もノーカット。どういう段取りで撮影しているのかとても気になる。

リハーサルどんだけしたんだ。

まさにリアルカメラを止めるなウトヤ島。

カメラは止まらない。

©2015-2019 javok's diary