javokの日常

週3~5回いく映画鑑賞感想、たまに消化する積みゲーの感想、映画祭やドラマの話


映画作品鑑賞リスト2020
映画館鑑賞リスト

映画:アリータ、目のでかい少女にも慣れてきた頃。

www.youtube.com

アリータを見てきました。

 

女王陛下のお気に入りを見ようと思ってたんだけど、アカデミーをとったせい(いいのか?)で、お客の入りが増えてしまった・・・。

 

ので、そろそろ少し空いてきた頃だろうと先週始まったこちらを鑑賞。

銃夢自体は原作は既読で、今回はロボットものが好きだし、近未来アクションだしってことで見に行きました。

 

ターミネーターのジェームズ・キャメロン製作な訳なので、強い女性が好きな彼なら銃夢とか好きだろうな〜〜〜w と思って見に行きました。

個人的には、この本編予告を見たときにすごい違和感があったので見に行くかちょっと迷っていました。

それは。

 

http://akiakis.site/wp-content/uploads/2019/01/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E7%9B%AE%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%81%84%E6%80%96%E3%81%84.jpg

目が。 目が大きくて怖い!!!

 

まあ、確かに怖いんですけど。

ていうか、アメリカの試写で大きすぎるからと、これでも目を小さくしたらしいんだけど・・・ほんとかいな。

・・・まあ、ストーリーも30分ぐらい進むと、まあでかいわな、うんでかいわな。

まあ・・・いいか!サイボーグだしね!

と見慣れてくるもんでした。

人間てのは不思議だ。すぐに慣れてくるw

 

さて、見てきて良かった点は、

やはり近未来SFならではの街並みでしょうか。

張り巡らされたダクトは大好物だし、汚い屋上は石がとっちらかってるし、よくわからんものが空中に浮いているし、半サイボーグな人から、全身サイボーグまで色々。

街並みは、なんていうかRPG始まるよ、最初の街はここだからね!という出で立ち。

 

と、イメージは良かったです、でもどこかで見た感はあります。でも、今だからできたよね感もあるので、良かったんじゃーないかなと思います。

 

微妙だなと思ったのは、個人的には大好物なのですが

 

意外にグロい

つってもね、サイボーグ達が戦っているわけだから、血が出るとかじゃないんだよ。

でもね、首は飛ぶしさ、チョンパだしさ、足はもげるし、人体バラバラだし。

これはある意味

スプラッターだかんね!!!

ディズニーじゃこれはやらんだろうな。

 

そして、もう一つ微妙だったのがあります。

この話運びなんなん、

ていうか、変わり身が早い君たちに感情移入ができませぬ。

お前、さっきまで反対してたやろ!変わり身早!とか。

お前ら、さっきまで死闘繰り広げてたのに、何でそういうことをしだす!敵を忘れるな!

 

展開のテンポを切らないためか、個人的には理由づけがちょっと弱いかなっていう部分を多々感じました。

あと、ジェニファーコネリーのキャラ感が薄い。

そして、マハーシャラアリの小物感がすごい。(ていうか、グリーンブックと同時期公開!)

 

とまあ、なんだかんだありますけど、漫画的な展開(すげー漫画的な用語でてきて笑う)と絵面なので、まあいいかーという感じですが、途中からすごい感じてたのは・・・。

 

これ・・・続き作ろうと思ってるでしょ・・・?

と、何だかこれが始まりだぜ!!感が凄い。

と思って、wikipedia調べたら・・・。

続編があるらしい!!

 

うーむ・・。まあ、なんだかんだでモヤモヤする映画でしたが、ビジュアルとかジャンル的には好き系なので、とりあえず。

 

続編も見るけどね!!

©2015-2019 javok's diary