javok徒然

日々の徒然

映画:ウェス・アンダーソン監督最新作、犬が島!

見てきました。犬が島。

www.youtube.com

ストップモーションアニメって、上映回数が少なかったり、上映期間が短くて大変なんですよね。

なかなか、見るのが大変でした。

 

ウェス・アンダーソンて?

この監督で私が一番印象深い作品はなんといっても、ファンタスティックMr. Foxですね。

 

www.youtube.com

独特な雰囲気の動物たちが織りなす農場との戦いを描いた作品です。

農場との戦いとか言われると、チキンランとか思い出しますね。あれはアードマン制作の粘土アニメなのでまた別物ではありますが、こちらもオススメです。

www.youtube.com

 

話を戻しますが、Mr. Foxは、吹き替えの声が全くアニメっぽくなく、ストップモーション独特の滑らかではない動き、キャストたちのクールで淡々としつつもどこかオシャレなセリフ回し、そんな感じが好きでした。

 

ただ、動物たちが剥製ぽくも感じるかもしれないので、人によってはビジュアルが。。とかはあるかもしれませんね。

 

犬が島ってどんな話?

なんと今回は、日本が舞台の話なんですね。

病気を持った犬たちが島流しに合う。その島が、犬が島。そこへ、少年が自分の犬を探しに来るというあらすじになっています。

 

 日本語が凄い

今回なんと言っても印象的だったのがこれです。

というのも、オープニングクレジットが日本語なんですよ。

未だかつて、わたしは外国映画で日本語のクレジットのオープニングは見たことがありません。逆に、英語のオープニングクレジットの邦画はみたことがありますがねw

オープニング以外にも、あらゆるところに日本語が散りばめられていて、面白いなと感じました。

 

 もちろん、どこもかしこもどのシーンも日本語だらけです。

おかげで、日本語の美しさ、みたいなのを感じることができたと思います。

https://cdn.theatlantic.com/assets/media/img/mt/2018/03/Screen_Shot_2018_03_30_at_4.11.17_PM/lead_960_540.jpg?1522767786

https://nyoobserver.files.wordpress.com/2018/02/isleofdogs_1.jpg?quality=80&w=970

 2Dシーンがある

これは個人的に良いとも悪いともいえないのですが、3つのシーンを同時に流したり監視カメラの映像の部分が人形ではなく、普通のアニメーションになっているシーンがあります。

人形アニメでこの手法てあまり見たことがないので、新鮮味はありましたが、一見するともしや手抜きなのでは?と一瞬思ったりもしました。見せ方としては面白いです。

 

もちろん日本の音楽も使われている

https://i.guim.co.uk/img/media/c2a442cbdb3e56189199d7d37ca939dfa4967a4d/0_199_1719_1031/master/1719.jpg?w=1200&h=630&q=55&auto=format&usm=12&fit=crop&crop=faces%2Centropy&bm=normal&ba=bottom%2Cleft&blend64=aHR0cHM6Ly91cGxvYWRzLmd1aW0uY28udWsvMjAxOC8wMS8zMS90d2l0dGVyX2RlZmF1bHQucG5n&s=e19a695d6feea2b1bfaf71b4209d563e

とあるシーンで日本の居酒屋みたいな場所をイメージした場所が出てくるんですけど、日本語の歌が聞こえてくるんですね。

東京シューシャインボーイという歌ですね。

なかなか渋い・・・。

www.youtube.com

 

 お寿司料理がグロい

お寿司を作るシーンがでてくるんですが、日本文化の(外国から見た)嫌悪されると思われる部分がでてくるんですね。

https://content.jwplatform.com/thumbs/hZgTmqxk.jpg

 魚ってさばいたばかりだと、ぴちぴち動きますよね。死んでいても、電気的に動いているわけなんですけど、タコとか。

小林市長の残忍さを表すために、敢えてここでお寿司を作るシーンを入れているわけなんですけど、なかなか残酷な描写として出してきます。

淡々としていながら、残酷。ワサビを塗るところなんかも、なかなか危険性抜群。

もしかしたら、外国の人にとって、

 

お寿司というものは毒・・・?!

 

という印象があるのかもしれませんね。

 

ストーリーとしては納得できないところもある

納得できないところは、ちょいちょいあります。

キャラが180度変わっちゃう人とか(個人的にこいつはあまり許せない)、

恋愛の描き方がちょっとしかみえなかったりとか。

ただ、芸術作品としては大変楽しめました。

©2015-2019 javok's diary