javok’s diary

日々の徒然

テレビで話題らしい不満買い取りセンターアプリを入れてみた。

 


f:id:javok:20160131172959j:image

月曜からよふかしで紹介されていたので、入れてみました。呟いた不満を1円から50円で買い取るというものです。
 
どういうもの?
 
f:id:javok:20160131172925j:image
まず、登録用のメールアドレスでもって、ログイン式でつぶやきをおこないます。
呟くには、自分の性別、年齢、年収などを記入します。
おそらく、アンケート系の業者なんでしょうね。アンケートアプリの中ではまともだと思います。
 
たまに、アンケートページにとばさせ、わざと広告収入のリンクを踏むような作りのアプリもあるので、全然健全だとおもいますね。
 
 
買取の流れ
 
不満を呟きます。カテゴライズされているので、該当すると思われる項目に当てはめて呟きます。
基本的にどんなことでもOKなので、職場のこと、公共のこと、テレビのこと、自分のことなど、なんでもOKです。
査定期間は3日間とされており、その期間内に価格がつきます。
貯めたポイントは500ポイントからアマゾンポイントに交換してくれます。
アマゾンポイントの場合、メールアドレスで手軽に交換できるので、これはありがたいシステムだなと思いますね。
銀行振込などだと、個人情報の漏洩危機もあまりなく、メールアドレスだけですから。必要最低限の情報なので、お互い安心だと思います。ただ、アマゾンポイントだけってのは、不満のある人はいるかもねw
連続で呟けるのは6つぐらいまでなので、呟きすぎないように注意でしょうか。
その後呟けるのは、履歴の呟きから一時間後ほとです。
 
使ってみての感想
Twitterで呟くなら、ここで呟いて一円儲けようみたいなシステムです。
結構いろんなことつぶやいている人もおおくて、なぜ眠れないのー、50ポイントちょーだーい、やせないよーなど、、、すごく個人的なことから、確かにそれがあると便利だよねと思うような不満まで様々です。
 
いまのところ、平均で1呟きについて、6ポイントほどいただいているので、500ずつならすぐたまりそうですね。いまのところ、開始して二週間ほどで、500ポイントぐらいです。
人間関係のことよりも、これがあると便利なのに不便みたいなことの方が高いきはします。後は、査定の人の共感次第なきもしますが。ワカルボタンという、イイネに近いものがありますが、それは査定の価格とは関係ないようですね。
 
呟きの下書き保存がないので、連続呟きするときは、注意っていうのがいまのところデメリットですかね。
©2015-2016 javok's diary