javok’s diary

日々の徒然

グアムでダイビング!

ダイビング、二回目。
今度は、グアムで潜ることにしました。

利用したのは、s2clubです。
体験ダイビングの2ダイブ。
前払いで、14500円ぐらいだったかな?
2ダイブなら、結構お得です。昼ご飯つき。

やはり、1ダイブでは、物足りないので、初めてでも、沖までいく2ダイブがおすすめです。

送迎があり、10時35分に集合。
ダイビングショップまでいき、午前の部。
友達の二人で参加しました。友達は、初体験。
一緒にひとりで参加のおじさんとあわせて、三人です。


最初は、車で浅瀬までいき、そこで一通り詳しく教えてくれます。
浅瀬に行く前に、ショップで簡単な説明。
更衣室、簡易トイレがあるので安心です。一応、ロッカーもあります。
ウェットスーツは、半ズボンタイプと、長ズボンタイプ両方あります。

半ズボンタイプの方が、比較的楽に着れますが、半ズボン、半袖のため、岩にぶつかる、膝だちとかすると、危ないかな?大丈夫というひとは、半ズボンでもOKだと思います。

浅瀬についたら、15キロぐらいあるボンベをかつぎ、いざ入水。

入水して、まず始めに、口に加えるレギュレーターの使い方から説明を受けます。
シュノーケルをやったことがある人ならわかりますが、あれと同じで歯で左と右の突起をかみ、口ですっぽりとおおいます。
後は、口呼吸。

そのあとは、レギュレーターが途中でとれてしまったときの対処法。
二種類学びました。

肺に息が残っている時は、息を吹き出せばレギュレーターに途中で入ってしまった水ガ抜けます、残っていない場合は、レギュレーターの真ん中のボタンを押し込めば、空気が一気にシュポッと出てきます。
この時、海水が口の中に入ってきてしまうので、舌でガードするとよいそうです。

その後は、左側についている空気の出し入れによる体の浮き沈みの方法について学びます。

後は、腹ばいの方法などをレクチャー。
ヒレの付け方。
マスクに水が入ってきてしまった場合の対処法などを学びます。

一通り、浅瀬を5メートル、10メートル泳いだ後は、そのまま終了して、ダイビングショップに戻ります。

ここの浅瀬では結構長く泳ぐことができました。昼食は、韓国系の弁当かな?お肉中心です。

一時間後、ダイビングショップの目の前から、船が出ます。
2ダイブめは、そこから乗船です。
麦茶、トイレは一応常備です。
沖へ出ます。


沖へは相乗りなので、ライセンス組、初心者組と、組ごとに降りていきます。

降り方は、後ろの梯子からと、飛び降りダイブです。
体験でも、飛び降りダイブをやらせてくれますw

そのあとは、10メートル前後潜って降りていきます。
潜ったポイントでは結構リーフが大きく、魚は結構数がいました。カメはいませんでしたがw

お魚にソーセージをやりながら、リーフ周りを周回します。

初心者の友達には、ベルトを渡して連れて行く感じです。
潮の流れは緩く、穏やかで流される心配はありませんでした。
ちょっと短いなぐらいで終了すると、みんなが帰ってくるまで、スーツをきてシュノーケルしててもいいといわれました。

足がつかないところで泳いだことがないわたしは、少し不安でしたが、潜ってみるとほんとに浮きます。
ヒレをつけると、立ち泳ぎもできますw
凄いですw  立ち泳ぎほとんどできないのにw

なかなかスーツというのは、理に叶ってるんですねw
中々おもしろかったです。

帰りには!ライセンス用のクーポン券をいただきました。

日本人のダイバーは当日三人ほどでしたが、総合的にはわりとよいショップでした。
ただ、次の日に飛行機に乗ったらよくないよ、の注意がないのはどうかとは思いますが。

基本的には初心者に優しいショップでしたw
また、利用したいなと思います。(`・ω・´)

さて、今回はスマホーを全くおいてきたので、写真がありませんw


24時間営業のkマートの話しでも。

f:id:javok:20151113002257j:image
結構大きい敷地で、赤いシャトルバスが乗り入れているようです。
ウォルマート的な雰囲気を受けるかな。
生鮮食品などはなく、食品は少ないですが、食物のおみやげ買うにはイイと思います。
コンビニでかうより、半分か、三分の1くらいの価格でかえることもあります。

パンは、ABCより品揃えがいいですね、気持ちほんの上乗せぐらいですけど。

服やら、掃除機やらもあって、謎のライフ感、ドンキ感が若干あります。
生鮮食品がおいてあるスーパーに是非行きたいですね。(*゚▽゚)ノ

広告を非表示にする
©2015-2016 javok's diary