javok’s diary

日々の徒然

東京に残された無人島、猿島

実は、猿はいないんです。

江戸時代から砲台があったというさるしま。
ペリーが、猿島の脇を通り抜けて、ペリーアイランドだ!と名前付けられようとされた猿島


f:id:javok:20150815170439j:image
猿島へは船でいきます。

夏なので混雑ちゅう。15分に一本でています。
通常は、一時間に一本。
往復券は、大人1300円。プラス入園料200円なり。

島へは10分ほどで到着します。

f:id:javok:20150815170612j:image
船着き場にはすぐ海水浴というか、砂場が。
黄色いぶいの中しか泳いではだめとあります。
この中相当狭いです。
砂浜ではバーベキューしてるひとでごったごった。バーベキューは、持ち込み禁止で、砂浜以外は不可のようです。

しかし、島の反対側にいくと、岩場で泳いでる人多数います。
混んでるからでしょうねw

トイレは夏場で混雑してるからか、仮設が4ほど設置されてます。
しかし、利用している人はあまりいない様子で、管理棟のトイレを利用しています。
たぶん、みんないやなんでしょーね。
ちなみに、トイレで着替えは禁止で、更衣室はシャワー込みで600円なり。

泳ぐのは関係なく観光することができます。

f:id:javok:20150815171011j:image
日陰で、わりと涼しいです。

f:id:javok:20150815171143j:image

壁に囲まれています。
ずんずん進むと入り口に。

f:id:javok:20150815171312j:image

長い長い入り口。

f:id:javok:20150815171334j:image
これはなにに使ってたんだろう。
f:id:javok:20150815171041j:image
要塞がかつてあったとかで、レンガ作りになっています。


f:id:javok:20150815171401j:image
三叉路のレンガを抜けると、右手にはラピュタ的な木がぽこぽこ。

f:id:javok:20150815171445j:image
幻想感あります。

f:id:javok:20150816152550j:image
砲台後が、4ぐらいあります。

f:id:javok:20150816152616j:image
設置されてたんだなと、感慨深く。

f:id:javok:20150816152648j:image
木が植わって、砲台後も隠れてしまっています。

f:id:javok:20150816152720j:image

これはなんでしょうね、人が入れる場所が数カ所あるかんじ。

f:id:javok:20150816152756j:image
島はさほど大きくなく、往復二キロないんじゃないでしょうかね。
ただ、高低差があるので、階段、岩場注意かな。
ちょっとした日帰り小旅行でした。

広告を非表示にする
©2015-2016 javok's diary